スマイスター評判

スマイスター一括見積もりのメリット

簡単に一括査定ができる

 

スマイスターならサイトの入力フォームに物件情報や連絡先などを入力するだけで査定を申し込めるので簡単です。

 

 

自分で不動産会社を探して電話やメールで連絡を取って査定を受けるのは時間も手間もかかりますし、さらに複数の業者の査定を比べたるためには複数の業者に対して同じ物件についての同じ説明をする必要があり、非常に煩雑です。

 

また押しの弱いタイプの人だと不動産会社との対面でのやり取りにプレッシャーを感じて、複数の業者による相見積もりを躊躇してしまうかも知れません。

 

スマイスターを利用すればネットで物件の情報を入力するだけでOKなので、面倒な手間やプレッシャーがかかりません。

 

不動産会社を同時に比較できる

 

売りたい不動産を一括して査定依頼するので、各々の不動産会社の査定価格や対応などを同じ視点で比べられます。

 

知らない不動産会社が見つかるかも

 

自分で不動産会社を探しても日本中の不動産会社すべてを網羅しきれませんが、スマイスター不動産売却一括見積を利用すれば自分が知らなかった不動産会社を見つけて査定を依頼できる可能性があり、選択の幅が広がります。

 

 

スマイスター一括査定のデメリット

 

営業される

 

スマイスターで査定依頼をすると最大6社の不動産会社から査定結果を貰えますが、会社によっては営業的な連絡が来ることもあります。

 

不動産がいくらで売れるのかを査定しているのですから不動産会社から営業されるのは当然の流れではありますが、人によっては面倒だとか鬱陶しいと感じる可能性もあります。

 

選択肢が増えて選べなくなる

 

人によっては複数の査定結果を見て、かえって迷ってしまったり選べなくなってしまう場合があります。

 

選択肢は多い方がよりニーズに合ったものを選べると思いがちですが、脳が同時に処理できる情報には限界があるため選択肢を増やしすぎると「選択肢過多効果」という状態になってストレスを感じる人もいるので、優柔不断な方や迷いやすい方は考慮した方がいいかも知れません。

 

これらのメリット・デメリットを理解したうえでスマイスターを利用すれば、より一層の高価売却に近づくことが可能となります。

 

そもそも査定価格とは

 

不動産の売却時に気になる査定価格ですが、そもそも、査定価格とは何でしょうか。

 

査定価格というのは、不動産会社が「この価格だと売れそうだ」と出してくる目安に過ぎず、その価格で売れることを不動産会社が保証している訳ではないので、実際には査定価格よりも高く売れる可能性もあり、逆に安くしか売れない可能性もあります。

 

結局は不動産取引は相手があってのことで査定価格そのものが大きな意味を持つという訳ではないので、あまり一喜一憂するよりも査定価格の根拠がどこにあるのかを知ることの方が意味があります。

 

その価格の根拠がどういうものなのか、不動産業者がどこにポイントを置いて評価しているのか、プロの目で見たプラス面やマイナス面は今後の売却活動の方向性にも関わるので、確認しておくことは大切です。

 

また実際に不動産の査定を受けた体験者の意見や感想なども参考になることが多いので、チェックしておくことをお勧めします。

 

スマイスターの口コミと評判はこちら