スマイスター評判

不動産売却は担当者選びで決まる!

不動産の売却を実際に行ってくれるのは不動産会社の担当者なので、担当者選びは不動産会社選び以上に大きな要素になる場合もありますので、査定金額も重要ですが、もし似たような金額で迷うのであれば販売を担当する営業マンも合わせて判断材料とすることで後悔しない不動産売却に繋がります。

 

一般的に営業マンはコミュニケーションスキルが高いほど評価されますが、売却希望物件の魅力を上手にアピールして少しでも高く売却するには豊富な取引経験や不動産についての幅広い知識も欠かせません。

 

 

そこで、もし複数の会社で決めあぐねているのであれば、同じことを同時に質問してみることで担当者の対応を比較することができます。

 

たとえば希望の価格で売れそうにない時にはどういった施策を取るのか、この物件はどんな層にどうやってアピールするのか、具体的な販売活動や宣伝はどのように行うのか、など様々な疑問を率直にぶつけることで、信頼できる担当者なのか判断できます。

 

 

また担当者との相性も大切で、上手にコミュニケーションが取れる担当者であれば不動産売却にあたっての自分の希望を汲み取ってくれたり、優先順位をつけて適切な提案をしてくれることも可能なので、二人三脚で少しでも希望条件に近い形で販売してくれそうな担当者を探しましょう。

 

不動産会社を選ぶなら

 

不動産会社の規模について

 

スマイスターなどの一括査定を利用すると大手の不動産会社から地元密着型の不動産会社まで様々なタイプの不動産会社に出会うので、不動産会社の規模によるメリットを考えてみます。

 

大手不動産業者のメリット

  • 取引経験が豊富
  • 中小会社に比べて豊富なデータがあるので、適切な売り出し戦略を企画したり有力な見込み客を持っているなどの可能性があります。

  • 多くの顧客にアピールできる
  • 自社サイトやメルマガなど豊富な媒体を利用して物件情報を発信したり、チラシや広告も利用してより多くの見込み客に物件をアピールすることが出来ます。

  • 大手の安心感がある
  • CMなどを通じて誰もが名前を聞いたことがある会社だと信頼感があるので、利用客が多くなります。

 

 

中小の不動産業者のメリット

地域に密着して活動しているので、大手ではカバーしきれない地元特有の情報を持っていて的確なアピールができる場合があります。

 

 

大手不動産会社や中小不動産会社には各々のメリット・デメリットがあるので、査定額だけではなくこれらの特徴を念頭に置きながら不動産会社を選ぶことをお勧めします。