不動産売却の流れ

不動産売却の大まかな流れ

不動産の売却にはいくつかの段階がありますが、おおよそ下記のような流れになります。

 

不動産の査定を依頼する

 

不動産を売却しようと思ったら、まず不動産会社に査定を依頼する必要があります。

 

複数の不動産会社を比較できるよう、スマイスターのような不動産売却一括査定サービスを利用して売却希望物件に対応している会社を探すのがお勧めです。

 

査定してもらう

 

メールや電話などでの「机上査定」だけでは正確な評価ができないので、「訪問査定」を行うことでより精度の高い査定を得ることができます。

 

仮に机上査定では似たような価格が出た同じマンションの似たような間取りの部屋であっても、実際に訪問査定を行うことで大幅に金額が変わることもあるので、査定結果に合わせて調査方法を質問したり担当者の対応を見るなどして、自分が売却活動をお願いする不動産会社を決めます。

 

媒介契約を結ぶ

 

不動産会社を決めたら、不動産を売却するための条件や手数料などを決めて、その不動産会社に不動産の売却を委託するための媒介契約を結びます。

 

媒介契約には3つの形態があります。

 

  • 一般媒介契約
  • 一般媒介契約というのは、複数の会社と媒介契約を結ぶことができる契約で、自分で買主を探すこともできるので多くの人に自分の不動産を見てもらうチャンスがあります。
    一方、不動産会社が売主に販売状況を報告する義務がないので、もしかしたら販売活動に熱心でない不動産会社もあるかも知れません。

     

  • 専任媒介契約
  • 専任媒介契約とは、一社だけと媒介契約を結ぶ契約ですが、売主が自分で買主を探すことも可能です。
    また担当者が売主に二週間に一回以上は販売活動状況を報告する義務があるため、状況が把握しやすくなります。
    契約した不動産会社は独占して販売できる権利があり、窓口が一つに限られます。

     

  • 専属専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約は、一社だけ媒介契約を結び、売主自ら買主を探すことができない契約です。
    担当者が売主に一週間に一回以上は販売活動状況を報告する義務があるため、より状況が把握しやすくなります。

これらの契約形態のメリット・デメリットを勘案して選ぶことが大切です。

 

売却活動を行う

 

媒介契約をした不動産会社が自社の顧客に紹介したりチラシやネットなどを利用して売却活動を行い、買主を探します。
一般媒介契約は契約期限に制限がありませんが、専任媒介契約と専属専任媒介契約は三か月以内と契約期間が決まっています。

 

売買契約を締結する

 

購入希望者が見つかったら、価格や条件などを交渉して売買契約を結び、不動産会社を通じて物件を引き渡します。

 

不動産の売却は、このような様々なステップを経て行われるのですね。